買うならどっち? 戸建vs.マンション


買うならどっち? 戸建vs.マンション
一概に比較するのは難しい問題ですが、各個人(家庭)のライフスタイルの合わせて購入するのが基本です。 不動産価格が右肩上がりのご時世ではないので、資産運用のために購入するのはおすすめできません。 ご自身の住まいとして、将来のライフスタイルも考慮して検討することが必要です。
一戸建てのメリットとデメリット

メリット
デメリット
土地の資産価値は、築年に影響されない。 購入価格が、マンションと比べると高額。
増改築がある程度自由にできる。 管理会社があるわけではないので、全てを自分で管理しなければならない。
将来的には建て替えが可能。 住宅地は、若干駅から離れていることが多いので、駅付近のマンションと比べると利便性が悪いこともある。
上下左右両隣への気遣いが不要。 維持費がマンションと比べて高額になる。
駐車場代、管理費、修繕積立金が不要。 マンションほど気密性が高くないので、冷暖房の効率が悪い。
部屋がたくさんある分、エアコンの台数もだくさん必要。
ガーデニングや家庭菜園(地植え)を楽しめる。 草むしりが必要。(特に夏場)

マンションのメリットとデメリット

メリット
デメリット
一戸建てに比べると、防犯面等での割安感がある。 勝手にリフォームができない。
管理会社にもよるが、一般に管理体制がしっかりしているので安心。 修繕積立金や管理費が必要。駐車場代も別途必要なことが多い。
一戸建てに比べ、利便性の高い立地にあることが多い。 上下左右の隣人に気遣いが必要。
気密性が高いので冷暖房の効率がいい。 マンション全体の修繕や、老朽化にともなう建て替えなどの時に、区分所有者全員の意見がまとまらないことがある。
メゾネットでない限り平面的な空間であることが多いので、
掃除がラク。
柱や梁の出具合で、家具の配置がしにくい。
一戸建てと比べて窓の数が少ないので、必要なカーテンやシェードの数が少ない。 一戸建てと比べて、採光がとれない。窓のない部屋は暗くなる。