よく注意して! 不動産広告に含まれた規制事項


よく注意して! 不動産広告に含まれた規制事項


不動産の広告には、『宅地建物取引業法』(業法)、『不当景品類及び不当表示防止法』(景品表示法)、『公正競売規約』などによってさまざまな規制があります。

禁止されている表示

「値引き可」などの二重価格表示
「完全」「完璧」などの表現
「抜群」「日本一」などの表現
「最高」「一級」などの表現
「特選物件」「厳選物件」などの表現
「格安」「掘り出し物」などの表現
著しく事実に相違する表示
実際のものよりも著しく優良または有利と誤認させる表現
おとり広告の禁止

実際には存在しない不動産について、取引できると誤認されるおそれのある表示。
実際には取引する意志がないと認められる不動産について、取引できると誤認されるおそれのある表示。
実際には取引できない物件について、取引できると誤認されるおそれのある表示。

要するに、消費者を誘引するための架空広告は禁止ということになります。