保証会社とは?


保証会社とは?
賃貸契約の時に入る保証会社って、何をしてくれる会社?

所定の保証料を支払えば、保証会社が連帯保証人の代わりになってくれたり、第一保証人の補償能力不足を補ってくれます。

連帯保証人が高齢であったり、収入が少ないなどの場合は契約をお引き受け出来ない場合があります。
そういった場合には、提携している保証会社への加入を勧めることがあります。
どうすれば契約できる?

審査があります。また、保証料が必要になります。

当然のことですが、保証会社は無条件に保証してくれるわけではなく、審査があります。審査に必要な書類はケースバイケースなので、状況に応じて確認して下さい。審査に通れば、保証会社に保証料を支払い、お部屋を契約することになります。

家賃滞納に、代わりに支払ってくれるの?

貸し主側へ一時的に支払ってくれたりもします(保証会社によります)が、当然保証会社は本来の借主へ利息や手数料等と併せて請求してきます。

この部分を勘違いなさるお客様がいらっしゃるのですが、保証会社じゃなくても、連帯保証人が代わりに支払ってくれたら、連帯保証人にお金を返す必要があるのと同じことです。

連帯保証人さんと保証会社を併用している場合、当然保証会社は連帯保証人さんにも請求します。
連帯保証人がいるのに、保証会社への加入を勧められる?

物件や不動産会社によっては、保証会社への加入を契約条件にしている場合があります。

元々の募集条件が、保証会社への加入必須ではない場合にも、連帯保証人さんの年齢や収入等、あるいは申込人さんの内容によっては、契約をお引き受けする条件として保証会社への加入を提示することがあります。